医療法人 北翔会ブログ

岩見沢北翔会病院を母体に、北海道岩見沢市と札幌市で、病院・クリニック、介護老人保健施設、在宅福祉事業などを運営しています。 このブログでは、各事業所の紹介や施設行事の様子などを綴っています。

4月某日 自粛中ではありますが、衛生管理や感染予防を徹底し、

ご利用者さま達が毎回楽しみにされている、
毎年恒例の「まいあカフェ」が今年もオープンいたしました。

2020.6.3_まいあカフェ_1
全部で5種類の和洋様々なスウィーツが揃いました

「梅の香 大福」はお持ちに梅酢と縁を混ぜ、
甘酸っぱくてちょっとしょっぱいイチオシの仕上がりに

「桜と抹茶のヴェリーヌ」は桜葉とさくらのリキュールで風味をつけ、
桜の塩漬けをあしらい春らしさを演出いたしました。

とは、管理栄養士の高氏から(画像左)のコメントです。


ちなみに全部のせの画像はこちら

2020.6.3_まいあカフェ_2

どれもこれも、有名菓子店にまけないクオリティです

ご利用者の皆さんからは、
「いろいろ種類があって、みんなおいしかったよ。全部手作りなの?」

・・・はい、そうです。がんばってつくりました

「普段は時短でおやつは無しだけど、
 今日はまいあカフェなので食べてみたらとても美味しかった
 ほっぺた落ちちゃいそう

と嬉しいお言葉もたくさんいただきました。

どれだけ皆さん満足されたかは、
こちらの笑顔からもお分かりいただけると思います


2020.6.3_まいあカフェ_3

いろいろと大変な中での開催となりましたが、
今年の「まいあカフェ」も大成功に終わりました


------------------------------------------------------------
※画像は、ご利用者さま(ご家族様)の同意を得、ご快諾のもと掲載しております。

介護老人保健施設 まいあの里
所在地:北海道札幌市清田区真栄2条4丁目2-53 ☎011-885-6540

新型コロナウィルスの収束がまだ見えず、

不安と恐怖の中、最前線で戦ってくださっている医療関係者の皆さまには感謝しかありません

例年この時期は、看護の日(5月12日)にちなみ、
『骨粗鬆症 特別月間』と題して骨密度検診(500円)などを行っていますが、
新型コロナウィルス感染症の影響もあり中止とさせていただきました。

何か出来ることはないか?
と模索していると、通所リハビリのご利用者さんから
「マスクがない。」
「マスクが売ってない。」
「マスクを買いに行けない。」などの声が聞こえてきました。

そんな中、外来看護スタッフが自分たち用に手作りマスクを作っていたのを思い出し、
相談を持ち掛けたところ、快く引き受けてくれました
2020.5.13_6条マスク_1

製作期間約2週間で、150枚が完成

クオリティの高さに驚きです

一袋一袋に看護師のメッセージが込められ、

最前線で戦っている同業の看護師たちを支援する意味も込めての
感染予防のマスクづくり。

“今、私たちに出来ること”として
ご利用者の皆さんにプレゼントさせていただきました。
2020.5.13_6条マスク_2
GW明け、さっそくご利用者代表の方へ

2020.5.13_6条マスク_3

「こんな貴重で素晴らしいマスクをありがとう。」

「柄がかわいい。」

「買いにいけないから助かる。」などなど、

たくさんの嬉しい言葉をいただきました。

一日も早い新型コロナウィルスの終息を願い、

落ち着いた頃には、思いっきりリハビリしましょうね

--------------------------------------------------------
6条整形外科クリニック
所在地:北海道岩見沢市6条西1丁目 ☎0126-22-3128

GWが始まりました

前記事(ブログ)でもお伝えしましたが、
この時季の北海道は“桜”が南から北へ東へと咲いていきます。

2020.5.1_豊翔_1

この桜は、豊翔の郷(札幌市豊平区:介護老人保健施設)の裏にある、
2本の木が隣り合い重なっている桜です。(R2.4.24撮影)

まだまだ5分咲きといった感じですが、満開の時は見事な姿を見せてくれます。

その豊翔の郷で、テレビ電話を利用した“面会”を行った様子が発信されています。

久しぶりのご家族の姿に、ご利用者さまも感涙。。。

是非、こちらのブログをご覧ください。



----------------------------------------------------------------------------
介護老人保健施設 豊翔の郷
所在地:北海道札幌市豊平区旭町5丁目5-1 ☎011-837-7500


このような事態にご入所者のみなさまには
「面会制限」の事情をご理解いただき、施設内で過ごしていただいております。

北海道はGWの時期と重なるように“桜”が咲き、
休みを利用して遠方のご親戚などが訪ねてくるなど
賑やかな季節となるはずなのに・・・今年は本当に残念です。

せめて、お花見気分だけでもと
厨房職員が腕を振るい、春いっぱいのお弁当を召し上がっていただきました

2020.4.24_そとこと花見_2

ブログを通して、お元気な様子の皆さまをご覧き
少しでも安心していただけると嬉しいです。

2020.4.24_そとこと花見_1

画像も「お花見気分」に加工してみました

 尚、「そとこと」では、ご来館いただきビデオ面会を
 10:00~17:00(日曜除く)の時間内で行っております。
 ご希望の方は、遠慮なく事務所の職員にお声かけください。

---------------------------------------------------------------------------------
※画像は、ご利用者さま(ご家族様)の同意を得、ご快諾のもと掲載しております。


介護老人保健施設 そとこと
所在地:北海道札幌市北区屯田9条3丁目 ☎011-773-7200

「ひなまつり」の第2弾は、

介護老人保健施設 そとこと(札幌市北区)
介護老人保健施設 まいあの里(札幌市清田区)の様子です。

先ずは“そとこと”から
やはり行事が中止なのでお食事風景になります。

2020.3.24_ひなまつりⅡ_1

錦糸卵のうえにサーモンやエビでしょうか。
手づくり豆腐も美味しそうですね。

菜の花など春いっぱいのお膳を提供いたしました。

2020.3.24_ひなまつりⅡ_2


ご利用者さまの笑顔がいっそう、華やかさを添えてくれました。


さて、「ちらし寿司」がなぜひな祭りに食べられるようになったのか

実はとくに由来はないそうです(笑)

おそらく平安時代にお祝いの際に食べる風習があった
「なれ寿司」(魚にお米を詰め発酵させた現在のお寿司の原型)
が変化し「ちらし寿司」となったと言われているようです。

「ちらし寿司」は具をいっぱいのせることで、
食べ物に困らない様にという願いを込めているとのこと。

お祝いに寿司が用いられるのは「寿を司る」という意味で好まれているようです。


次は、まいあの里ですが
こちらは、数種類の海鮮をのせた「ちらし寿司」

2020.3.24_ひなまつりⅡ_3

豪華な行事食に、ご利用者の皆さんも笑顔満開です
2020.3.24_ひなまつりⅡ_4
喜んでいただけて、私たちも嬉しい限りです。

こんな工夫もしていますよ
  
2020.3.24_ひなまつりⅡ_5

なかなか、みんなで集まり笑いあうこともできない状況下ですが、

美味しいものを食べて、笑顔になっていただけるとホッといたします。

2020.3.24_ひなまつりⅡ_6

2回に分けて発信いたしました、それぞれの「ひなまつり」の様子
いかがでしたでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------------
※画像は、ご利用者さま(ご家族様)の同意を得、ご快諾のもと掲載しております。


介護老人保健施設 そとこと
住所:北海道札幌市北区屯田9条3丁目 ☎011-773-7200


介護老人保健施設 まいあの里
所在地:北海道札幌市清田区里塚2条4丁目2番53号 ☎011-885-6540

このページのトップヘ